半身浴について

半身浴は誰でも簡単に行なえますが、高い効果を得るには正しい方法、お勧めのやり方で行うことです。


まず、半身浴の基本としてみぞおちのあたりより下の部分だけを湯船に浸けます(腕も湯船から出しておきます)。


この時のお風呂のお湯の温度は37度〜40度程度の普段よりも少しぬる目に設定します。


40度よりも高い温度で長い時間お湯に浸かってい神奈川クリニックると心臓に負担が掛かりますからやめておきます。


身体が芯から温まって半身浴の効果が現れてくるのが20分くらいからなので、入浴時間は30分程度を目安にします。


基本的な半身浴の方法はこれぐらいですが、食後すぐに入浴すると消化器官に負荷が掛かってしまうことから、食べてすぐの半身浴もやめておきましょう。


半身浴をしていて、肩が少し冷えるなと感じた場合には乾いたタオルなどを肩に掛けます。


この際、お湯に浸けて濡らしてしまったタオルをかけたのでは、タオルが冷えた時に身体の体温も奪っていってしまうので、寒さ対策にお湯に浸したタオルを使うのは逆効果ということになります。


浴槽に張ったお湯が多すぎる場合などはお風呂の椅子を利用するなどして、楽な姿勢で半身浴が続けられるようにしましょう。


半身浴は上手に利用すれば、冷え性の改善効果やダイエット効果、リラックス効果を得ることができますが、行う際にはいくつか注意するポイントがあります。


おすすめニキビケア化粧品のランキングを紹介していきます。また、にきび跡対策についても掲載しています。


ぬるめのお湯にじっくりと浸かる半身浴は、汗をたくさんかくため、上手に水分補給を行なう必要があります。


入浴の前後に水分補給を行なうことはもちろんですが、できれば入浴中にも飲み物を持って入り、水分補給をするほうがいいようです。


その際、汗と一緒にビタミンやミネラルなども失われているので、それらを補う飲み物を選ぶといいでしょう。


また、お湯の温度も気をつけなければいけないポイントで、40度以上のお湯に長時間浸かることは心臓などに負担がかかるため避けておきます。


半身浴を行う際の注意は他にもあり、風邪気味で熱っぽい時や生理中などはやめておくほうがいいようです。


半身浴を食後すぐに行うのも避けましょう。


全身の血行がよくなることによって消化のために胃腸に集まるべき血液が不足して、消化不良を起こしてしまうことがあります。


お酒を飲んだ後に行うのもやめたほうがよく、飲酒後は血圧が不安定になりがちなので健康の促進効果よりも体調不良を招いてしまう恐れがあります。


おすすめサイト
掃除が苦手な主婦の美容と暮らしのあれこれ
おすすめ洗顔料・化粧水を公開